40代男性

国税調査によると平成27年度の40~44歳の未婚率は29.3%、45~49歳の未婚率は25.2%。

 

40代の日本人男性の3~4人に1人は未婚の独身ということになります。

 

なぜ今まで結婚できなかったのか?そしてなぜ今も結婚できないのか?

 

その原因を探りたいと思います。

仕事が忙しくて気付いたら40代だった

20~30代は人生で仕事が一番忙しい時期。

 

30代になると色々と仕事を任されるようになり、仕事にやりがいを感じ始める男性も多いです。

 

そんな仕事中心の生活の中、婚相手を探したり、女性とデートしている時間がないという男性も多いのです。

 

もっと収入が上がったら探そう・・・。もっと仕事が落ち着いたら探そう・・・。

 

そして気づいた時にはあっと言う間に40歳。

 

40歳になると職場での出逢いも激減し、職場恋愛できる確率が20代の3分の1になるというデータもあります。

 

また、どこかで「女性は40代では難しいが、男性なら40代でも結婚できる」とたかをくくっている人も多く、そんなに焦っていないうちに40代に突入してしまう男性も少なくありません。

 

30歳を越えたら、どんなに忙しくても、「結婚」という言葉を常に頭の隅に入れておかなければ、あっという間に40歳になってしまうでしょう。

理想の「普通の女性」の条件が高い

なかなか結婚できない40代男性に、どんな女性と結婚したいか聞くと、大抵の場合「もう全然普通の女性でいいんだけどね」といいます。

 

しかし、そんな男性にお見合い相手を紹介すると、何人紹介しても

「うーん、38歳はちょっと・・・」

「ちょっと顔がタイプじゃない・・・」

「何か地味だよなあ・・・」

「何かちょっと違うなあ・・・」

などなど言って、ほとんど前に進もうとしない人がいます。

 

この男性が、若く見えて、顔もイケメンで、体型も引き締まっていて、お金も稼いでて、清潔感があれば、選り好みしても可能性はあるかもしれません。

 

しかし、「普通でいい」と言う「普通」の基準が高い男性ほど、顔もそれなりに老けてきて、ちょっとお腹が出始めて、髪のボリュームも無くなってきた「普通の40代の中年」なのです。

 

恐らく、この男性の言う「普通の女性」が現れたとしても、向こうがこの男性を選ぶことはないでしょう。

結婚相手を選ぶのは、家を借りるのとは違う

家を借りる時は一方通行です。

 

こちらの希望と都合で、本当に満足いく物件を探して契約すれば、相手が「嫌です。」という事はほとんどありません。

 

あとはこちらの「予算」に合うかどうかです。

 

もし予算が合わなければ、色々と妥協するはずです。

 

それなのに結婚相手を探す時は、予算ともいうべき「男性の容姿・収入」などといった条件も顧みずに、希望通りの条件の女性を探し続けるのです。

 

少しでも希望に合わなければ、まったく譲歩しようとせず、「この人はムリ!」と言って受け付けようとしないのです。

 

男性がよほどの良い条件を持っていない限り、いくら理想の女性を見つけても、家を借りるのとは違い、向こうが断ってくる可能性も大いにあるのです。

テレビタレントが「普通の女性」の基準値になっている

これまで、そんなに女性経験がない男性や、女性の知り合いの少ない男性は、「普通の女性」の基準がテレビの中の女性になってしまっている人が多いです。

 

朝のニュースや、仕事から帰って夜観るテレビの中の「女性タレント」は大抵きれいな人ばかりです。

 

あまり多くの女性に現実世界で触れ合っていない人ほど、「普通の女性」=「テレビの世界の女性たち」が基準なのです。

 

しかし当然、テレビの世界は平均値ではなく、選ばれた人たちの世界。

 

スタイルは良くて「普通」。若く見えて「普通」。そこそこキレイであれば「普通」。

 

この「テレビの世界の普通」を、「結婚相手に求める普通」に当てはめている男性は、当然結婚がなかなかできないでしょう。

性格に問題ありだと結婚できない

40代になるまで結婚できない男性は、ちょっとクセのある性格の方が多いです。

 

その性格のせいで女性から好かれず、婚期を逃してしまっているのです。

 

どんな性格の人が嫌われるのでしょう?

性格が神経質で細かい

こちらの記事にも記載しましたが、女性は細かい男性が嫌いです。

 

40代で1人生活している男性で、家事も掃除も完璧にこなす男性がいます。

 

一見しっかりしているように見えますが、逆にずっとやってきた生活スタイルなどのこだわりなどが多く、少しでも違うと気に食わなくて直そうとしたり、口を出してしまうのです。

 

そんな性格の人では、女性側からすると、一緒に住んだら疲れると思うだけです。

 

靴下のたたみ、タオルのたたみ方、パンツのたたみ方はこう

洗濯に使う柔軟剤はこれ、洗剤はこれ、シャンプーはこれ

本棚の並べ方はきちんと左から背の低い順に並べていく

爪きり、耳かきを使ったら必ずテレビの横にあるケースに戻す

コップは一度使ったら1日中同じものをゆすいで使う

ゴミの分別は細かく完璧に分けて出す

味噌汁は赤だしを毎日必ず飲む

一度着たアウターなどは、洗濯したての物と一緒にクローゼットに入れず、一日クローゼットの外で掛けてから中にしまう

米は少し固めに焚く

などなど数え上げたらキリがありません。

 

それら全てが「自分の思い通りじゃなきゃイヤだ!」という完璧主義・潔癖症・神経質な男性はどうしても結婚したいと思ってもらえないのです。

上から目線な男

男と言うのは、妻や子供を養っていく家長である。

 

という昭和のような考え方の男性は、男尊女卑のような考え方を持つ人も多いです。

 

こちらにも記載していますが、男臭い考え方は女性の反感を買う場合も多いのです。

 

今の時代、女性も働いて収入を得ている人も多いです。

 

逆に男性だからといって、家族を養いきれる収入を得られない人もたくさんいます。

 

しかし、なぜか男性だからという理由で偉そうにしてしまう方がいるのです。

 

そういう方は「ちょっと〇〇して来て」「それは〇〇した方がいい」「〇〇してあげといたから」などと上から目線でアドバイスや命令をしてしまったり、上から目線な態度が要所要所に見られます。

 

女性に自分が強い男であるという部分を見せたい、女性を守っている男でありたいという「男の理想像」が表に出過ぎてしまっているのです。

 

そんな男性に対し、女性は冷静に判断します。

 

何で上から言われなきゃいけないの?

何でそんなに偉そうなの?

 

となってしまうのです。

優柔不断で気弱な男

上から目線な男と真逆で、弱々しくて優準不断な男性も嫌われます。

 

頼りがいがなくて包容力がないのです。

 

まだ20代の頃でしたら、そんな男性をかわいいと思って付き合ってくれる女性がいたかもしれません。

 

しかし40歳にもなって頼りなければ、女性は相手にしてくれません。

 

20代・30代の女性にとって、もし40代の男性に魅力を感じるとすれば、「経験豊富、包容力がある、しっかりしていて守ってくれる、コミュニケーション能力が高い、収入が高い」などです。

 

そういった40代の魅力を持っておらず、むしろ弱々しくて女々しい男性は、女性に好きになってもらえる要素がないのです。

 

特にへりくだった言い方で話されると、多くの女性は「ウザい!」となってしまうそうです。

 

例えば、

「君みたいなかわいい子が、こんな何の魅力もないおじさんと、飲みに行ってくれただけで幸せだよ」

「僕みたいな人で本当にいいの?ありがとう」

などと下から来られると、「気持ち悪いおじさん」にしかならず、女性も一気に引いてしまうのです。

 

40代で年下の女性と結婚したいのであれば、相手を守ってあげるような強い心を持たなければなりません。

ファッションや髪型がおじさんだと結婚できない

40代でモテる男性はオシャレです。

 

髪型もきちんと気を使っているし、歳より若く見えます。

 

きちんと努力して、相手から見た自分を意識しなければならないのです。

 

20代の頃と違い、似合う服装も変わってきます。

 

こちらにも詳しく記載しましたが、サイズが合っていない服装を着ると、一気におじさん臭くなります。

 

ジャストサイズの服を探すよう努力してみましょう。

 

また髪の毛のボリュームも変わり、昔のようなヘアスタイルもできなくなります。

 

トップのボリュームが減るため、どうしてもサイドがボサっと見えてしまう場合が多いので、きちんと定期的にカットし、できればサイドをすっきりさせましょう。

 

また、中年太りで出てきたお腹が嫌いという女性も多いです。

 

結婚のために努力する必要があります。

 

40代で自分の好みの若い女性と結婚しようとしているのですから、努力が必要です。

 

頑張りましょう!

40代で20代の女性と結婚できる人の共通点

かなり確率で言うと少ないのですが、40歳代でも20代の女性と結婚できる人もいます。

 

 

実は、20代の女性でも「結婚相手の年齢が40代でもいい」と思っている方は結構います。

 

実際、私の周りでも「年の差が一回り以上違う夫婦」が数組います。

 

しかし当然、40代の誰でもいいわけではありません。

 

「例え男性が40代だったとしても、魅力的なら好きになってしまう。」という考えなのです。

 

ではどんな40代男性が20代女性にとって魅力的に映るのでしょうか?

 

おじさんに求められているのは、

清潔感がありオシャレ

年齢より若く見える

コミュニケーション能力が高く、仕事ができる(スマート)

女性に慣れている余裕のあるエスコート

自分を養ってくれる高収入

精神的に強くてしっかりしていて包容力がある

 

こんな、若い男ではなかなか持ち合わせない条件を持った40代男性がモテるのです。

40代男性は結婚を待っていても無理

40代男性は、待っているだけでは出会いはやってきません。

 

職場でもすでに結婚の出逢いの可能性は低く、コンパなどではやはり若い男性にかないません。

 

ですから積極的に、自分から出会いを探す必要があります。

 

そして、自分の理想ばかり追い求めるのを止め、逆に絶対に嫌なことを書きだして、そこに当てはまらない方を探した方がいいでしょう。

 

ぜひ強い意志をもって頑張りましょう!

 

婚活は大阪梅田のラーラ結婚道場へ

ラーラお見合い結婚道場トップ