結婚相談所には40歳前後のアラフォー女性もたくさん相談に来られます。

しかしアラフォー女性の結婚希望者は、なかなかパートナーと巡り会えない方も多いのが現状です。

これにはいくつかの原因があります。

アラフォー女性は理想が高い

40歳前後になって、未だ結婚されていない女性は、理想が高い方が多いです。

これまでも、そこそこの男性と付き合ってきたにもかかわらず、結婚までに至らなかったのは、「この人はここがイヤだ!」「もっといい人がいるはず」と選り好みしてきたという方が多いのです。

仕事もバリバリこなし収入を得て、自分磨きや自己投資にも余念がなく、1人もしくは友達と人生を楽しんできたという方に多いタイプです。

自分に自信があり、それなりの結果も出している分、男性に対する要求も大きくなってしまうのです。

そうやって気づけば40歳前後になってしまっているのですが、自分では年齢をさほど意識していないため、20代の頃と同じ感覚で男性を探しています。

昔はもっと簡単に出会いがあったり、彼氏ができたはずが、最近はなぜかさっぱりモテない。

だから相談所に行って、昔と同じような条件の男性を探し始める。

ですから、高学歴・高収入・高身長のいわゆる「三高」は当然で、さらにさわやかなイケメンで優しくて、たばこは吸わず、料理が出来て、多趣味で、女性へのエスコートが出来て・・・。

「高い理想の男性となら、そろそろ結婚したいかも・・・。」という方が多いのです。

年齢が障壁になる

アラフォー女性の理想の多くは、年齢差が5歳前後の男性。

つまりその女性が40歳なら「35歳~45歳くらいの男性なら結婚できるかな・・・。」と考える人が多いようです。

しかし、40歳の女性にとって問題となるのが高齢出産です。

子供が欲しいと考えている男性、特に2人も3人も子供が欲しいという人にとっては、いくらキレイなアラフォー女性でも敬遠されてしまうのが悲しい現実なのです。

逆に50代、60代の男性にとって、40歳の女性は若く感じられますし、子供はいいから2人で人生を楽しもうという方もその年代には多いのです。

しかし女性からしたら「なぜそんなおじさん、おじいさんと結婚しなくちゃいけないの!?」という風になってしまうのです。

女性にとってはつい最近まで20代、30代だったという若い気分が残っており、なかなか自分の年齢を客観的に見れないのです。

もちろん、若い気持ちで生きていく事は素晴らしい事です。

しかし、自分の理想とする35~45歳の男性にも理想があり、多くが35歳くらいまでの女性を求めてしまうのです。

「芸能人などで熟女好きな芸人さんなどもいるように、年上好きの男はたくさんいるはず・・・。」

「姉さん女房という言葉が流行ったこともあるし・・・。」

という人もいますが、20代、30代の姉さん女房は多くても、40歳近くの女性が好きという年下男性は、実際はとても少ないのです。

結婚に対して消極的になっている

今まで結婚せずに40年近く人生を楽しんできた。

そうなってくると、「結婚したい!」という気持ちと、「別に結婚しなくてもいいかも・・・。」という気持ちが入り混じってきてしまうのです。

「ここまで来たら、本当にいい人が現れたら結婚するけど、妥協してまで結婚したくない!」

そういう思いになってしまいます。

また、40歳まで結婚できずに来た自分に、ネガティブな気持ちを持ってしまう人もいます。

周りの友達たちはどんどん結婚していった。しかし自分は結婚できずにいる。

自分は結婚に向いていないのかも・・・。

そういった消極的な気持ちになってしまうと、なかなかいい人に巡り合えなくなってしまいます。

アラフォー女性が結婚する方法

しかし、もし人生1人で生きて行くとなると、今は良くても50代、60代、70代と生きて行く中で、本当に後悔せずにいけるでしょうか?

結婚をなかなかせずに来た女性は、あまり将来を悲観せず、今を楽しむ楽観主義の方も多いようです。

しかしきちんと将来を想像し、やはり結婚した方がいいと思う方は、1歳でも若いうちに本気で婚活していった方がよいでしょう。

ではどうやったら、少しでも理想的な男性に出逢えるのでしょうか。

サバサバした性格を少し変える

今までイキイキと自分で人生を送ってきた女性で多いのは、サバサバした男性のような性格の人です。

実はこのサバサバした竹を割ったような性格は、多くの男性から女性扱いされにくいのです。

いまさら性格をガラッと変えるわけにはいきませんが、少し男性の気持ちに配慮できるような、物の言い方や対応を取り入れてみると、男性からの印象が大きく変わる場合があります。

少し甘え上手になったり、賢いところや強いところを見せないように努力したり、返事の仕方をすこし柔和にしてみたり・・・。

こういうタイプの女性は、男友達がたくさんいる方が多いので、どうやったら男性ウケするか男友達に聞いてみると、意外と自分でも気づかないような事を指摘される事も多いのです。

結婚することにフォーカスする

理想の恋愛がしたいという気持ちは分かります。

しかし、結婚生活を手に入れるという事を大前提にして考えると、すべてが理想通りにはいかなくなります。

「妥協してまで結婚したくない!」という人はいいのですが、「やはり将来の事を考えると1人では寂しい・・・」という方はとにかく結婚することにフォーカスし、「この人となら楽しくやれそう」という人を探していきましょう。

そうなってくると理想のストライクゾーンを広げていく必要があります。

その中で、特に広げて考えるのは外見と年齢です。

このどちらかのストライクゾーンを広げるだけで、結婚できる確率は急上昇するでしょう。

お金はあって、年齢もそこそこ良いけど、見た目が・・・。という男性は、女性の腕次第でいくらでもオシャレになります。

確かに顔の造形を変えることはできませんが、大人になればなるほど、造形よりも雰囲気などでカッコよさは出てきます。

それにもっと歳を取っておじいさん、おばあさんになってしまえば、顔の造りはほとんど関係なくなります。

また、年齢もこだわらなければ、見た目が若い人だってたくさんいます。

内面の愛の方が大事になるのです。

そう考えて外見か年齢を少し広げて考えてみることをおススメします。

「絶対こう」という決めつけをやめる

生活パターンが固まり過ぎていて、男性の入る隙がない人がいます。

また、「私はこういう女だから」と、性格まで決めつけすぎてしまう方もいます。

私の化粧はこう、スキンケアはこう、髪型はこう、服はこう・・・。

私は運動は苦手だからしない、タイプじゃない男に誘われてもついて行かない、休みの日は誰とも関わりたくないからカフェで1人で読書する・・・。

それが私にとって最適。

しかしそれは思い込みであり、習慣化されてしまっただけのものである可能性もあります。

固定観念を捨てて、もっと柔軟に何かを変化させていく事で、人生が変わる可能性だってあるのです。