アメリカや日本での複数の実験の結果で言えるのは

結婚して配偶者のいる人の方が、単身者より健康で長生きするということです。

既婚者の方が独身者よりも、10年近くも長生きするというデータもあるそうです。

特に男性の方が、結婚しているか・いないかの影響が大きいそうです。

また「配偶者より長生きしたいか」という調査では、7割以上の男性が「長生きしたくない」と回答しているのにも関わらず、女性の6割近くは「長生きしたい」と回答しています。

男性は先に逝きたい、女性は後で逝きたいと思っているわけです。

男性の先に亡くなりたい理由は「配偶者の死を受け入れられない」「孤独になるのが辛い」「一人では家事やご飯の準備ができず、困ってしまう」などでした。

逆に女性の後で亡くなりたい理由は「看取ってやりたい」「一人の自由な時間を楽しみたい」などでした。

男性は子供みたいな理由が多いですね。

女性は看取りたいという母性本能や、人生楽しみたいという自立した大人の意見が多いです。

やはり精神年齢は女性の方が高いのかもしれません。

実際に愛する配偶者が亡くなった時に、男性はその数年後に後を追うように亡くなる方も多いのですが、女性はそんなに影響を受けないそうです。

つまりどちらかというと、女性は1人でも生きて行けるけど、男性は女性がいないと生きて行けない・・・。

確かに、旦那さんが亡くなったけどイキイキ生活してるおばあちゃんって多いですよね。

僕のおばあちゃんも、おじいちゃんが亡くなってから、しょっちゅう海外旅行に行ったりして、余生を十分に楽しんでいました。

1人の時間を楽しんでいるのです。

でも奥さんが先に亡くなって、1人になったおじいさんというのは、あまり行動力もなく、孤独なイメージです。

メンタル的な部分や、人生を楽しめる能力と言うのは、男性よりも女性の方が強いのかもしれません。

元々女性の方が平均寿命も高いわけですから、夫が先に亡くなるという方が多いのでしょうが、女性は一人でも生きていけるパワーを持っています。

しかしいずれにせよ、「結婚することで長生きする」というのは同じようです。