離婚経験のあるバツ1男の再婚希望者で、すでに40代、50代の方には思いもよらない素敵な人がいます。

同年代や同級生を思い浮かべてみてください。

男性も女性も「いい男・いい女」から結婚していってしまい、30代後半になってくると、どうしても売れ残り感が出てしまいますよね。

高身長、高学歴、高収入といったいわゆる「3高」の男性ほど、人気が高いため競争率が高く、自分がいざ結婚しようと思った時には、かなり希少な存在になってしまいます。

30代後半で一度も結婚していない男性は、女性と縁がなさそうな人がどうしても多くなってしまいます。

しかし初婚の男性ばかり探すのではなく、バツ1の男性に目を向けてみてください。

一度結婚をして、子供も大きくなって手が離れた頃に離婚した人は、意外と収入も良く条件のいい男性も多いのです。

そして一度結婚生活を経験しているため、失敗経験を通して悔い改め、女性の気持ちが分かっている人も多く、女性に対する扱いも紳士的だったりします。

この一度の失敗経験の差は実はとても大きいです。

離婚の原因は様々ですので、男性側に大きな原因があり、それが直る見込みがない場合は問題です。

しかしそうではなく、早く結婚したため性格が合わなくなった、女性側に問題があった、死別してしまったという場合もあるのです。

そう考えると、元々「3高」など高い条件を兼ね備えた男性が、再婚を求めて再び結婚市場に戻って来ているというのは、チャンスでもあるのです。

確かに50代以上と、年齢がいっている場合もあるかもしれません。

しかし全ての理想が揃った男性ばかり見るよりも、年齢だけ理想を落としてみるだけで、幸せを掴めるチャンスは広がってくるのです!

特にアラフォーの女性は、少し年上もしくは年下も視野に入れているため、なかなかマッチングしない場合もあります。

そこには出産の問題があるからです。

日本産婦人科学会では女性の35歳以上の出産を「高齢出産」と定めています。

妊娠の確率が下がったり、早産や流産、難産のリスクも統計上高まってしまうのです。

しかし50代以上の結婚経験者にとって、40代の女性はまだ若いですし、子供を望まないで2人でのんびり暮らせるパートナーが欲しいと考えている人もたくさんいます。

少し考え方を広げてみると、今までの固定観念が崩れていって、幸せな結婚生活を手に入れられるかもしれません。