美人の外国人女性「美人は3日で飽きる」という言葉がありますが、本当にそうなんでしょうか?

 

真相は、美人と付き合えるようなモテる男にしか分からないのかもしれません。

 

もしくは、モテない男性のひがみや、美人ではない女性の嫉妬なのでしょうか・・・?

女性の容姿ばかりを気にする男性

結婚相談所に来る男性に相手の女性に求める希望を聞くと、「料理ができて明るくて楽しい人」なんて答えが多いです。

 

しかし、いざ女性の紹介書を見ると、まず男性はほぼ100%相手の写真で判断します

 

美人まではいかなくても、そこそこ顔がカワイイか、自分好みかで判断します。

 

いくら料理が出来て、明るくて、楽しい人でもブスだと判ったら会おうとしないんです・・・。

 

顔写真を隠した女性を紹介したとしても、「写真を見て見ないと・・・」と言ってなかなか会おうとしません。

 

いくら「明るくてとても素敵な方ですよ」と言っても顔が気になってしまうのです。

 

結局男は女性の顔が美人かそうでないかが重要です。

 

性格がめちゃくちゃ良いんだけど、顔がブス・・・。こんな女性に男性は会おうとしません。

しかし、めちゃくちゃ美人だったら性格がどんなに悪くても、会いたくなってしまうのです。

現実は悲しいですよね・・・。

女性にとって男性の顔は二の次

もちろん女性も男性の顔を見て判断しますが、男性と違い中身も重視します。

 

判断材料の1つでしかないのです。

 

女性にとって顔は、福山雅治やジャニーズ系のような明らかなイケメンでない限り、そこまで反応しないのです。

 

ですから、たとえ顔写真を隠した紹介書を見せても、中身で判断して会おうか決めたりします。

 

写真はいまいちでも会ってみなければわからないと考える人も多いようです。

 

よく街中で、男性は決してイケメンではないのに、女性はとてもキレイなカップルを見かけることがあります。

 

女性は、顔は決してイケメンでなくても、中身や経済状況で判断してお付き合いすることが多くあるのです。

美人は3日で飽きる?

よく美人は3日で飽きるって言いますよね?

 

反対に「ブスは3日で慣れる」なんて失礼な言葉もありますが・・・。

 

芸能界でもたまにありますが、なぜそんな美人と結婚したのに浮気をするの?という人がいます。

 

これが「飽きてしまったから」は定かではありませんが、顔を最重要視して選んだ結果、性格が合わなくて浮気したり離婚したりする人も多いのです。

 

どんなカップルも結婚してしばらくすれば、恋愛感情が薄れてきます。

 

きれいな女性だったはずが、スッピンを見て、寝顔を見て、いろんな場面を見て、付き合っていた頃のような感情がなくなってしまう事だってあるかもしれません。

 

そう考えると「美人は3日で飽きる」という格言は、経験に基づく言葉でもあるのかもしれません。

恋愛感情がなくなってからが本当の結婚生活

しかし私は、ここからが本当の結婚生活だと思っています。

 

本当にお互いが思いやれる関係が築けていれば、いつも相手をお互い魅力的に感じます。

 

いつも相手に笑顔を向けます。相手を褒め合う事ができます。

 

いつも笑顔のパートナーは美人・イケメンよりもよほど魅力に満ち溢れているのです。

 

顔の造形なんて関係ありません。

 

いくら相手が美人・イケメンであっても、お互いがギスギスして笑顔もない関係ならば冷めてしまうのも当然です。

 

恋愛感情がなくなった先にある物こそ「本物の愛」です。

 

それは自分の両親や兄弟、子供といった家族に対する家族愛と同じ感情です。

 

家族がブスだってブサイクだって愛情は変わらないでしょう。

 

ですから結婚相手を選ぶときは顔は判断材料の一つとして、実際会って話すことがおススメです。

 

写真では絶対無理と思っていても、実際会ってみると雰囲気が良くて好きになってしまう事だってあり得ることなのです。